このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

収れん火災にご注意を!!!

更新日:2020年6月25日

収れん火災とは

「収れん」とは、「光を一点に集める」という意味の言葉です。皆さんも小学校の理科の実験で、虫眼鏡で光を集めて紙を焦がした経験があるのではないでしょうか。あの現象が何らかの理由で意図せずに発生し、火災を引き起こしたものを「収れん火災」と呼びます。
収れん火災は、日差しが強くなる5月頃や太陽の高度が低く部屋の奥まで光が差し込む冬場、夕方に多く発生する傾向がありますが、条件がそろえばいつでも、どこでも起こりえる火災です。

収れん火災を引き起こす可能性のある身近な日用品

・水を入れたペットボトル
・水を入れたガラスの花瓶
・ステンレス製のボウル
・金魚鉢
・ガラスに張り付けるタイプの透明な吸盤
・メガネ
・凹面鏡
・ルーペ
・水晶球
・自動車用ホイール等

火災を防ぐために

収れん火災は、条件がそろえば大きな火災に発展する恐れがあります。収れん火災を発生させないために、建物の周囲には、水の入ったペットボトルやステンレス製ボウル等は置かないようにしましょう。また、室内では、太陽の光が差し込む場所に凹面鏡や金魚鉢等を置かないようにしましょう。

お問合わせ

鶴岡市役所 鶴岡市消防本部
〒997-0857 山形県鶴岡市美咲町36番1号
電話:0235-22-8331
FAX:0235-22-0119

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで