このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

荘銀タクト鶴岡の魅力を紹介します(リーフレット)

更新日:2017年10月4日

荘銀タクト鶴岡ホール

荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)は、
文化都市鶴岡の存在感を広く発信し、
市民の皆さんの文化・交流活動などを支える拠点として
その歩みを始めます。

TACT(タクト)は
Tsuruoka(鶴岡)、Art(芸術)、Culture(文化)、Terrace(集う場所)

鶴岡の芸術文化が集う場所を目指します。

荘銀タクト鶴岡外観

リーフレットの内容を紹介します。

荘銀タクト鶴岡の魅力 一体感ある劇場空間

荘銀タクト鶴岡ステージ
柔らかく重なる屋根のイメージと連続する木の曲面が特徴の大ホール。自然の木材で織られる羽衣をイメージ

 舞台と客席とができるだけ近く、観客が大ホールを囲むような生音の響きを大切にした臨場感ある劇場空間を作りました。客席は東北では珍しいワインヤード型の形状を採用しています。
 最新の舞台照明を設置し、コンサート、演劇、式典、講演会など様々な催しに対応する多目的ホールとして音響を設計しています。


大ホールの演技エリアと同じ大きさの小ホール。200席を配置した小規模の公演もできる


演者がゆったりとくつろげるアーティストラウンジ


全6室(合計75人)ある楽屋

荘銀タクト鶴岡のこだわり 豊かで柔らか、そして明瞭な音響が実現する大ホール

 大ホール全体に、いろいろな方向から反射回数が異なる反射音がまんべんなく豊富に得られます。
 「生の音の響き」にこだわった音響を設計しました。

荘銀タクト鶴岡音響設計

荘銀タクト鶴岡の魅力 市民が集い、つながる回廊空間

荘銀タクト鶴岡エントランスホール(北側)
庄内藩校致道館を借景としたエントランスホール(地場産木材のルーバー天井)

 大ホールを囲む回廊型のエントランスホールは公演のない日も開放され、いつでも誰でも気軽に集うことができる交流の広場となります。
 ミニコンサートや展示などのイベントも行われ、人が集まり、交流やにぎわいが生まれるまちの広場を目指します。

荘銀タクト鶴岡エントランスホール(西側)
鶴岡アートフォーラム側からのエントランスホール

荘銀タクト鶴岡会議室
可動間仕切りを備えた会議室

荘銀タクト鶴岡平面図

荘銀タクト鶴岡平面図

建築概要

  • 施設名称 荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)
  • 主要用途 劇場
  • 設計管理 妹島・新穂・石川共同体
  • 施工 竹中工務店・菅原建設・鈴木工務店JV
  • 客席数 大ホール 固定1,120席 多目的鑑賞室15席
  • 舞台 間口18m 奥行18m 高さ12m
  • 貸室 小ホール 練習室 会議室 楽屋 託児室
  • 搬出入室 11tトラック2台収容
  • 駐車場 153台(うち障害者用4台)収容
  • 敷地面積 13,096.84平方メートル
  • 建築面積 5,756.35平方メートル
  • 延床面積 7,846.12平方メートル
  • 最高高さ 29.65メートル(軒高28.74メートル)
  • 規模 地下1階 地上3階
  • 構造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造 杭基礎
  • 昇降機設備 車椅子対応エレベーター1台
  • 特殊設備 舞台機構設備 舞台音響設備 舞台照明設備

開館時間

  • 平成29年10月2日~平成30年3月31日 午前9時~午後7時(原則平日)
  • 平成30年4月1日以降 午前9時~午後10時

休館日

  • 平成29年10月2日~平成30年3月31日 催事のない土曜・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 平成30年4月1日以降 年末年始

お問合せ

荘銀タクト鶴岡
住所:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町11番61号
TEL:0235-24-5188(平日9時~17時)
FAX:0235-25-7611

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで