このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

「Agricultural Revolution 3.0 / 農業革命3.0」の開催について

更新日:2016年3月25日

 鶴岡市の基幹産業である農業が、従来の食料生産のみならず、エネルギーやものづくりなど、様々な産業分野をも担う「次世代農業」の姿を体感するための企画展示「Agricultural Revolution 3.0 / 農業革命 3.0」を開催しております。

 鶴岡市は、地方創生戦略の柱の一つに「次世代イノベーション都市高度ブランド化の推進」を掲げています。この「次世代イノベーション都市ブランド」とは、本市がこれまで築いてきた先端バイオ研究や食文化創造の根底に流れている革新性にあふれる都市像であります。そして、この先端バイオと食文化に共通する基盤はまさに「農業」であると考えます。このため、本市にとって、人口減少時代の持続可能な都市づくりの重要な鍵として「次世代農業」に着目し、その高度ブランド化を推進することで、地域の農業、工業、観光業など各産業の飛躍的な成長を目指します。
 今回の企画展示は、そうしたビジョンについて、市民の皆様とともにイメージを体感し共有するものとして、今後の議論や行動形成の一助となれば幸いです。 

Latro 藻で光るランプ
藻で光るランプ&苔のバッテリー


サウザー 運搬ロボット

Agricultural Revolution 3.0 開催概要

INSTALLATION  展覧会

期日:平成28年3月16日(水曜)~3月29日(火曜)
休館日:3月22日(火曜)、3月28日(月曜)
時間:午前10時~午後6時30分
会場:鶴岡アートフォーラム
入場無料
概要:「スマートアグリ」と「バイオテクノロジー」、そして両者を仲介する「農産物を素材とする新たな産業」が映画のワンシーンのような空間を構成することで、未来のかたちを模索します。
季節、天候に関係なく一年中安定的な生産を実現する次世代農業のプロダクトや、コンフォータブルな生活環境を支える素材とエネルギーを作り出すバイオテクノロジー、そして農業の無限の可能性を提示する新たな産業技術は、今まさに踏み出そうとしている新しい時代への一歩を感じさせます。

「スマートアグリ」「バイオテクノロジー」「農業の工業化」の3つの視点における、先端的なプロダクトを展示しております。

LIVING RESEARCH   リビングリサーチ(カンファレンス)


LIVING RESEACH CONFERENCE

期日:3月27日(日曜)
時間:午前10時~午後4時30分(予定)
会場:鶴岡アートフォーラム
入場無料
概要:「Agricultural Revolution 3.0」のビジョンから派生する食やエネルギー、人間と自然の関係性などを取り巻く抽象的な概念や倫理に対する答えのヒントを模索するため、多様な領域の研究者、企業の代表者などが未来のビジョンを語ります。

【スケジュール】(予定)
10:00~
挨拶、鶴岡市及び本企画についての紹介
鶴岡市政策企画課長 | 高橋 健彦 氏

10:10~
鶴岡市の農業の現状と今後の課題 ヴィジョンについて
有限会社出羽庄内特産 代表取締役 | 板垣 弘志 氏
これからの日本の農家が向かうべき未来とその課題、自動化に期待する新しい農業のあり方。

10:40~
鶴岡市のバイオ産業と農業の今後の展望について
慶應義塾大学先端生命科学研究所 所長 | 冨田 勝 氏

(休憩)

12:00~
世界初の構造タンパク質による衣服の発表プレゼンテーション
Spiber株式会社 取締役兼代表執行役 | 関山 和秀 氏
2015年10月に東京で行われた人類初のタンパク質繊維の工業製品プロトタイプの発表プレゼンの再演。
バイオテクノロジーが担う未来の素材産業の可能性をお話しします。

13:05~
スマートアグリの倫理
アグリポート A7 主宰 | フランク・ファン・クレーフェ 氏
ICT(情報通信技術)を農業へ導入するまでの経緯や現在に至るまでのプロセス、周囲の同業者の反応に始まり、機械化される農業と人間の仕事のあり方、自動化によって見えてくる真の人間の価値についてお話をします。

13:35~ 
対談 フランク・ファン・クレーフェ 氏×板垣 弘志 氏

14:10~
高橋洋介 氏  金沢21 世紀美術館キュレーター
× EUGENE KANGAWA 氏  現代アーティスト
対談 : “バイオのコミュニカビリティ”

15:00~
農業都市の未来
OMA 建築家 | Shohei Shigematsu 氏
自身が受け持つハーヴァード大学デザイン学部大学院で生まれた「食」と「都市・建築」の新しい関係性を模索するアイデアや、自身が手がける最新の都市計画を中心に農業の秘める可能性に関してお話をします。

16:00~
エンディング 総論
WIRED JAPAN 編集長 | 若林 恵 氏

WEBSITE ウエブサイト

 本プロジェクトの全コンテンツを集約し、それらを国内外に広く情報発信します。カンファレンスに参加できない方へのインタビューを実施し、それらのアーカイブはもちろん、このプロジェクトにおいてリサーチしてきた農業革命に関する情報を全て掲載いたします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Agricultural-Revolution 3.0

【0305】プレスリリース

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 政策企画課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで