このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

接種後の副反応への対応

更新日:2022年6月23日

起こりやすい副反応

新型コロナワクチンは、国の薬事承認を受け、感染予防や重症化予防に高い効果がある一方、接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。
主な症状は次のとおりです。

  • 注射した部分の痛み
  • 発熱
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 筋肉や関節の痛み
  • 寒気
  • 下痢 など

こうした症状の大部分は、接種の翌日をピークに発現することが多いですが、数日以内に回復していきます。 

症状が出た時の対応

接種後、すぐに現れる可能性のある症状

アナフィラキシー

薬や食物が体に入ってから、短時間で起きることのあるアレルギー反応です。
じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急に起こります。

接種後に、もしアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なよう、予防接種の接種会場や医療機関では、医薬品などの準備をしています。

血管迷走神経反射

ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。

誰にでも起こる可能性があるからだの反応で、通常、横になって休むことで自然に回復します。

発熱や痛みに対して

市販の解熱鎮痛薬(※)で対応いただけます。
発熱時には、水分を十分に摂取するようお願いします。
(※)市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます。(アセトアミノフェンは、低年齢の方や妊娠中・授乳中の方でもご使用いただけますが、製品毎に対象年齢などが異なりますので、対象をご確認のうえ、ご使用ください。)

ただし、次の場合はかかりつけ医もしくは薬剤師にご相談してください

  • 他のお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気治療中の場合(飲める薬が限られていることがあります。)
  • 薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
  • 激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合
  • ワクチン接種後としては典型的でない症状がみられる場合

なお、ワクチンを受けた後、症状が出る前に、解熱鎮痛薬を予防的に繰り返し内服することについては、現在のところ推奨されていません。

腕にかゆみや痛み、腫れや熱感、赤みに対して

発疹がかゆい場合は、冷やす、あるいは抗ヒスタミン剤やステロイドの外用薬(軟膏等)を塗ることで症状が軽くなります。ワクチンの副反応であれば、数日で改善します。

詳しくは「厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A

副反応などについての相談窓口

ワクチンの副反応や医学的知見が必要な問い合わせについては、「山形県ワクチンコールセンター」で相談を受け付けています。
電話番号:0120-567-690
受付時間:8 :30~18:00(土日・祝日も対応)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
〒997-0033 山形県鶴岡市泉町5番30号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-7722

本文ここまで



ページの先頭へ
以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで