このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

8月8日はだだちゃ豆の日!

更新日:2022年8月1日

この夏も甘くて香り豊かなだだちゃ豆をご賞味ください。

 だだちゃ豆は、鶴岡地域で江戸時代から農家が大切に守り生産されてきた枝豆の在来種で、他にない独特の甘みと風味があります。安全で高品質なだだちゃ豆を提供するために商標管理されており、基準として以下の項目があります。

(1)鶴岡地域に居住する生産者が、鶴岡地域内の農地で栽培している 
  (鶴岡地域とは、H17市町村合併前の旧鶴岡市域のこと)

(2)小真木、早生甘露、甘露、早生白山、白山、晩生甘露、平田、おうら 以上8品種の系統

(3)自家採種又は、地域内共同採種のもの

 また、近年の研究で、肌の若返りの効果がある成長ホルモンの分泌を促進するオルニチンが、シジミの2倍以上多く含まれていることが明らかになりました。その他にも、リラックス効果のあるGABAや二日酔いを改善する効果のあるアラニンといった栄養成分が多く含まれているため、健康食品としても注目されています。

  • 「だだちゃ豆の日」命名の理由

・「だだちゃ」は、鶴岡の方言で「お父さん・親父」を意味しており、8月8日はパパと読めるから。
・数字の8が2粒の莢が多い「だだちゃ豆」の特徴を表しているから。
・なにより美味しい「だだちゃ豆」の時期だから。(7月下旬から9月中旬)

鶴岡地域だだちゃ豆生産者組織連絡協議会が平成23年7月に制定。
(協議会の構成メンバー 鶴岡市 JA鶴岡 だだちゃ豆生産者団体)


甘くて香り豊かな鶴岡のだだちゃ豆

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 農政課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-35-1295
FAX:0235-25-8763

本文ここまで

サブナビゲーションここから

農業一般

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで