このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

次世代型低コスト稲作モデル確立プロジェクト令和2年度実証結果について

更新日:2021年3月16日

次世代型低コスト稲作モデル確立プロジェクトについて

 米の国内消費の減少が続く中で、本市の広大な水田を維持するためには、輸出用米などの非主食用米の作付を拡大しながら、現在保有する農業機械や施設設備などの資源や能力を最大限発揮するとともに、スマート農業技術を導入して、生産コストを低減していくことが必要となっています。
 こうしたことから、水稲の生産性向上を図るため、JAや土地改良区、県など関係機関と連携して「次世代型低コスト稲作モデル確立プロジェクト」に令和2年度から着手し、大区画化とスマート農業を組み合わせた実証モデル等の検証を始めました。

令和2年度実証結果のまとめ

 令和2年度に取り組んだモデル事業のうち5事例について、結果を公表いたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 農政課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-8763

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで