このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

ANA便を利用した「産直空輸」で鮮度が重要な山形県鶴岡産「朝採れだだちゃ豆」を当日夕方に首都圏にお届けします

更新日:2021年8月20日

産直空輸だだちゃ豆

ANAグループでは、航空のスピード輸送と地上物流を有機的に連携した「産直空輸」による試験販売を展開しています。
このたび、ANAあきんどと山形県鶴岡市が連携し、8月21日(土曜)から28日(土曜)までの期間中、羽田=庄内線を利用して山形県鶴岡市の「朝採れだだちゃ豆」を空輸し、首都圏スーパーでの試験販売を実施します。

夏の時期にしか食べられない山形県鶴岡産のだだちゃ豆

だだちゃ豆の収穫

だだちゃ豆は、鶴岡市周辺の限られた地域で江戸時代から農家が大切に守り生産されてきた枝豆の在来種です。外皮が褐色がかり、表面のうぶ毛が茶色で、深くくびれており、ゆであがりは、とうもろこしのような甘い香りが特徴です。そのおいしさに庄内藩のお殿様が、「これはどこのだだちゃ(親父)のマメか?」と問うたことから、その名が生まれたと言われています。
収穫は7月末から9月上旬ごろで、だだちゃ豆のなかでも品種ごとに収穫時期が異なっており、時期によって様々な風味が楽しめます。

ANA庄内線に乗せて「産直空輸」で首都圏に輸送

だだちゃ豆は、鶴岡地域だだちゃ豆生産者組織連絡協議会が、商標を管理し、品種・生産者を限定して生産を行っています。ゆえに、「枝豆の王様」として人気がありますが、鶴岡市内の限られた地域でしか生産されていな貴重な枝豆です。今回、ANAグループが展開している、全国の美味しい野菜や果物を採れたての「鮮度」にこだわり、航空のスピード輸送と地上物流を有機的に連携した「産直空輸」により、首都圏にだだちゃ豆を輸送します。朝に収獲しただだちゃ豆がその日のうちに首都圏の店頭で販売可能となります。

首都圏の大手スーパーで販売

首都圏においては、「イトーヨーカドー」大森店、木場店の他、大手スーパーにおいて8月21日(土曜)から28日(土曜)までの期間に販売します。JA鶴岡ファーマーズマーケットもんとあ~る、並びに鶴岡ファーマーズから出荷する合計640キロのだだちゃ豆を販売する予定です。
※イトーヨーカドー大森店、木場店においては8月21日(土曜)および8月28日(土曜) の2日間販売いたします。

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 鶴岡市
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071

本文ここまで

サブナビゲーションここから

農業一般

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで