このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

アメリカザリガニ粉末『ざりっ粉(仮)』の食活用モニター募集 外来生物活用プロジェクト2020

更新日:2020年9月26日

外来生物として駆除したアメリカザリガニを粉末にしました! ほとりあの横に広がる都沢湿地の保全再生活動の一環として、食への活用にチャレンジしてみませんか? ご応募お待ちしています。

1.外来生物プロジェクト

庄内自然博物園構想事業の学習交流拠点である鶴岡市自然学習交流館ほとりあでは、開館以前から本構想の重点エリアである都沢湿地にて、在来生物の生息環境を保全するため、その捕食者および競争者であるウシガエル(特定外来生物)やアメリカザリガニの駆除活動を行っています。
2019年度にはウシガエルが約440匹、アメリカザリガニは約12,200匹が駆除されており、毎年継続的に駆除を実施することで、在来生物を中心とする多様な湿地環境を再生することを目指しています。
しかしながら、駆除が一定の成果をあげる一方で、駆除個体の処理については課題となっています。今年度は、特に今後増加傾向が懸念されるアメリカザリガニの粉末化事業を実施します。
本プロジェクトでは、駆除した個体を「地域資源」及び「普及啓発物」と捉え、様々な用途で活用することで、当地域にかかわる環境保全はもとより市域全体の環境保全について多くの市民が考えるきっかけになり、駆除活動への参画の幅が広がっていくことを目的として実施します。

粉末活用モニターの募集

(1)募集人数

  1. 店舗 約10店舗
  2. 個人 約60名

(2)募集期間

2020年9月24日(木曜)~10月19日(月曜)

(3)モニター期間

2020年10月24日(土曜)~11月19日(木曜)

(4)内容

ざりっ粉(アメリカザリガニ粉末)を活用した料理の開発

  1. 店舗モニターは、モニター期間の活用方法および料理を開発した場合はその写真および料理名を提出
  2. ご家庭で作成した料理の写真と料理名を提出

※提出方法

下記の問い合わせ先まで、直接または郵送、E-mailでお願いします。

※注意事項

募集後、当協議会が開催する説明会を受講いただくか、場合によっては資料を送付し、本事業の内容や意図をご了解いただいたうえでのご参加となります。

(5)対象

庄内地域にお住まいの方。
着払いとなりますが、上記地域外(県外等)からのご応募も可能です。

(6)費用

無料

(7)チラシ

3.問い合わせ先

庄内自然博物園構想推進協議会(事務局:鶴岡市自然学習交流館ほとりあ、鶴岡市環境課)
〒997-1125 鶴岡市馬町字駒繋3-1
TEL:0235-33-8693  FAX:0235-33-8694  E-mail: info@hotoria-tsuruoka.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 環境課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-22-2868

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで