このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

「ふるさと景観資源」を公表します

更新日:2015年1月22日

いつまでも残したい、多くの人に伝えたい鶴岡の風景・景観

「ふるさと景観資源」

 「ふるさと景観資源」は、平成20年に鶴岡市景観計画を策定したことに基づいて、景観まちづくりの取組みとして、景観への関心を高め、より良い景観の向上を図っていくために、市内の良好な景観の建物や街並み・景観形成に関するまちづくり活動などを広く募集しているものです。応募いただいた景観資源は、鶴岡市景観審議会に報告した後、登録しホームページにて紹介しています。

「ふるさと景観資源」として新たに3件を追加し、景観資源は計62件となりましたのでご紹介します。

今回追加されたのは、次の3件です。


「金峯神社参道からの眺望」


「大山公園からの眺望」


「天魄山から見る日本海の眺望」

 また旧鶴岡市で取り組んできた都市景観賞(平成3年度から平成15年度)、誰かに伝えたい大好きな場所・とっておきの風景エッセイ(平成12年度、平成14年度)、鶴岡百景(平成17年度)も、ふるさと景観資源を構成するものの一つとして、併せて紹介します。

 登録された景観資源については、地区ごとの景観資源を集めた景観資源カルテの作成や、地域にあった建物や町並みの提案、風景・眺望をつなぐルート開発につなげていきます。またこれらが充実したときには本市景観計画へ反映させていきます。
 「ふるさと景観資源」は、通年で応募を受け付けておりますので、市内のお住まいの地域のちょっとしたよい風景、景観等、より多くのご応募をお待ちしております。

ふるさと景観資源募集

対象

  • 通りからの眺め、まちなみなど
  • 建築物(建築物を主とし、その周辺を含む)
  • 景観形成に関するまちづくり活動(景観形成に関わる個人、団体の活動など)

 ※ 鶴岡市内で公共の場所に面していて、誰もが見ることができるもの

登録の基準

 後世に伝えていきたいもの、優れた景観を形成しているもの、景観形成に必要と考えられるもの

関連資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 都市計画課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-2059

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで