このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

元気居住都心 調査・研究について

更新日:2015年1月20日


元気居住都心イメージ

中心商店街の施策展開を研究・検討しています。

 鶴岡市では、市民と市と早稲田大学の「民・官・学」の三者連携で、中心商店街の大規模遊休地を活用した「まちなか居住」と「元気シニア活動拠点整備」の施策展開を研究・検討しています。

元気居住の三つの方針

まちなか居住の推進

 鶴岡市の中心市街地の人口減少、高齢化進展に伴い「住み続けられる場としての中心市街地再生」として、各世代毎の家族関係、家族構成の特性を踏まえた住宅や暮らしを支える地域サービスの支援を図るまちなか居住を推進します。

元気シニアの活動拠点の整備

 今後増加する高齢者の約80パーセントは介護不要と言われ一人で生活、活動できます。その元気シニアが、生きがいとやりがいをもち続けるために、コミュニティビジネスやNPO活動など、行動を中心としたコミュニティの形成を図るための活動拠点の整備を行います。

民間主導事業

 単なる箱もの行政にならないよう、市民によるまちづくり活動となるよう民間手法・民間資金を活用した民間事業を誘導します。

平成17年の主な活動

元気居住都心歴史遺産設計プロジェクト研究会

 対象地区となっている、銀座商店街の大規模遊休地を対象に、後世に残る建物と空間設計について、地元の専門家が検討を重ねました。業界ごとにチームを組んでこの構想にふさわしい建物と空間を提案しました。今後は出されたアイデアを集約しながら基本設計、資金計画など実現に向けた具体的な内容を考えていくことにしています。

鶴岡シニアコミュニティビジネス研究会

 今後予想される団塊世代の大量リタイアを前に、シニア世代のビジネスの可能性をシルバー人材センターの協力を得ながら検討しました。

関連資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 都市計画課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-2059

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで