このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

国民健康保険税の軽減判定処理の誤りについて

更新日:2017年6月14日

 平成28年12月27日、厚生労働省は後期高齢者医療制度の電算システムに不備があり、全国的に軽減判定誤りによる過大賦課・過小賦課が発生していることを公表しました。
 国民健康保険税においては市町村ごとの電算システムで算定を行っていますが、軽減判定の仕組みは後期高齢者医療制度と共通であることから、全国一斉に処理実態の確認を行ったところ、本市においても同様の不備による軽減判定の誤りがありました。
 対象となる皆様をはじめ市民の皆様には大変なご迷惑をおかけすることとなり、深くお詫び申し上げます。

1 事案の概要

 国民健康保険税の軽減判定所得の計算にあたり、青色申告による純損失の繰り越し控除を行う場合、本来は軽減判定用に計算した繰越損失額(専従者給与を必要経費に含まない)を用いる必要があるところ、確定申告上の繰越損失額(専従者給与を必要経費に含む)をそのまま用いて計算したことなどにより、青色申告を行っている被保険者の一部の方について、誤った軽減判定を行っていたものです。

2 対象者と誤った金額

 過大賦課による還付対象者   : 43人 2,012,500円(延べ 59件 2,345,100円)
 過小賦課による追加徴収対象者: 82人 4,757,300円(延べ134件 5,089,900円)

3 今後の対応

 現在、事務処理を進めておりますが、7月中旬に対象となる皆様を個別訪問しお詫びと説明を行った上で、還付の手続きまたは追加徴収の納付のお願いをさせていただきます。
 なお、地方税法の規定により、保険税の還付は過去5年間(平成24~28年度分)、追加徴収は過去3年間(平成26~28年度分)となりますので、ご理解をお願いします。

4 再発の防止

 今回の事案については、国民健康保険税の軽減判定制度に対する法令解釈が不十分であったことが原因です。今後はこのようなことが起きないよう、軽減判定の計算に用いる純損失の繰り越し控除を適切に管理するとともに、法令解釈の徹底とシステムの改善を行い業務の遂行に万全を期してまいります。

お問合わせ

鶴岡市役所 課税課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険税

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで