このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

「平成29年度市民のための夕学講座」(夕学サテライト編)

更新日:2017年4月3日

致道ライブラリーが主催する「市民のための夕学(せきがく)講座」。
昨年までは秋~冬に開催していた「夕学サテライト」(映像配信講座)を、29年度は4月下旬~7月下旬に開催いたします。
鶴岡にいながらにして最新の知見・情報が得られるこの機会に学びを深めてみませんか?

*-*-*-*-*-*-*

夕学サテライトとは、「時代の”潮流と深層”を読み解く」をコンセプトに、各分野の第一線で活躍する方々を講師に招いて東京・丸の内で開催されている定例講演会「夕学五十講」を、ライブ中継により鶴岡の会場で聴講する映像配信講座です。
※ライブ映像をスクリーンに映したものをご覧いただくスタイルの講座ですので、講師は来場いたしません。

*-*-*-*-*-*-*

*2016年度の講座の様子は新規ウインドウで開きます。コチラからご覧いただけます。

「夕学サテライト編」開講概要

≪スケジュール≫
日時

講師/講演タイトル

【第1講】
4月25日(火曜)  
18:30~20:30

講師:高橋 俊介 氏(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授)
「働き方改革とワークライフ」
働き方改革というと長時間労働の是正などに目が行きがちだが、海外と比べ特殊という働き方の本質を変えるには制度面に加えて経営層や労働者自身の意識の変化も必要だ。ワークライフ研究をライフワークとする高橋教授と共に真の働き方・生き方改革について考える。

【第2講】
5月10日(水曜)
18:30~20:30

講師:國田 圭作 氏(株式会社博報堂行動デザイン研究所 所長)
「行動デザイン~人を動かすマーケティングの新潮流~」
モノがあふれ、商品イメージと使い方の提案だけでは購入につながり難くなっている時代に、顧客を獲得するためのマーケティングとは?大ヒット家電のコンセプトを生んだ國田氏が、“モノ余り”時代をブレークスルーするための新発想「行動デザイン」を解説する。

【第3講】
5月23日(火曜)
18:30~20:30

講師:仲道 郁代 氏(ピアニスト)
「ピアノの魅力、音楽の力、芸術の力」
米国滞在、ドイツ留学にも影響を受けた温かな音色と豊かな音楽性が聴衆を惹きつける。演奏活動に加え子供達への音楽普及や学生指導にも尽力する仲道氏が登壇。人気、実力ともに日本を代表するピアニストならではの感性で音楽が持つ力とピアノの魅力を分かり易く伝える。

【第4講】
6月9日(金曜)
18:30~20:30

講師:佐藤 優 氏(作家・元外交官)
「世界はどう変わるか」
トランプ、プーチン、習近平。自国優先を憚らない指導者をいただく大国はどう動き、世界はどう変わるのか?国際政治の力学構造が大きく変わったいま、日本が荒海を乗り切っていく為に注目すべきポイントとは?外務省で培った鋭い分析力が魅力の佐藤氏が国際情勢を斬る。

【第5講】
6月21日(水曜)
18:30~20:30

講師:吉川 洋 氏(立正大学経済学部 教授、東京大学名誉教授)
「人口減少とビジネスチャンス」
人口減少は避けられないかもしれないが、日本経済の衰退はけっして不可避ではない。人口減は工夫次第でチャンスに変わりうる。経済学の重鎮、吉川教授が過去データよりイノベーションが経済成長をもたらした事実を解説、悲観論に傾きがちな日本にエールを送る。

【第6講】
7月19日(水曜)
18:30~20:30

講師:守島 基博 氏(学習院大学経済学部経営学科 教授)
「人視点からの人材マネジメント~働く人を幸せにする企業が強くなる~」
人を大切にする経営を行ってきたと言われる日本企業だが、人材の多様性、ワークライフバランス、働き方改革が叫ばれる中、これまでの“人重視”には機能不全が起きている。これからの人材マネジメントをどう変わるのか。人と組織と経営を研究する守島教授と考える。

【第7講】
7月26日(水曜)
18:30~20:30

講師:佐藤 祐輔 氏 (新政酒造株式会社 代表取締役社長)
「日本酒リノベーション」
1852年創業、全国で使われている酵母6号を提供した秋田の老舗。日本酒と疎遠だった8代目の人生はある酒との出会いで一変した。醸造システムを変革し6号酵母と秋田米だけで醸す純米酒。他にはない酒造りに挑戦し新たな市場を切り開く佐藤氏が日本酒の未来を語る。

※4月3日現在の予定です。都合により変更となる場合がありますのでご了承ください。

≪会 場≫

 東北公益文科大学 鶴岡キャンパス(鶴岡市馬場町14-1)

≪定 員≫

 40名

≪受講料≫

 全講:2,000円   単発(選択受講):各講500円
 ※学生無料(申込み時または講座会場にて「学生証」を確認させていただきます。)
 ※4回以上受講される方は全講申込みを推奨いたします。

≪お申込み・お問合せ≫

 「受講申込書(チラシ裏面)」に必要事項を記入の上、「窓口」・「FAX」・「電子メール」等により”致道ライブラリー”または”鶴岡市役所政策企画課”へお申込みください。 (「電話」によるお申込みの場合は必要事項の聞き取りにより受付いたします。)

 ★致道ライブラリー(鶴岡タウンキャンパス内)
  住所:鶴岡市馬場町14-1
  TEL:0235-29-0810
  FAX:0235-29-0811
  E-mail:chido@ttck.keio.ac.jp

 ★鶴岡市役所政策企画課(市役所5階)
  住所:鶴岡市馬場町9-25
  TEL:0235-25-2111(内線526)
  FAX:0235-25-2990
  E-mail:seisakukikaku@city.tsuruoka.yamagata.jp

≪チラシ(受講申込書)≫

≪Facebook≫

Facebookページは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。コチラ(外部サイト)からご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 政策企画課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで