このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

第44期大寶館展示のお知らせ(令和3年4月1日~令和4年3月29日)

更新日:2021年4月22日

第44期大寶館展示

≪企画展≫~生誕150年~明治の文豪 高山樗牛の生涯


チラシ(表)

鶴岡に生まれた高山樗牛は、小説家・文芸評論家として活躍しました。養父の転勤に伴って東北各地で幼少期を過ごし、旧帝国大学在学中には読売新聞社の懸賞募集で小説「瀧口入道」が入選し一躍注目を浴びました。大学卒業後は母校旧制二高の教授となりましたが、辞職して博文館に入り、雑誌「太陽」の文芸主任として評論で名声を高めました。31歳の若さで逝去後も、樗牛の評論や思想は人々に多大な影響を与えました。今年は高山樗牛生誕150年の節目にあたり、著書の他に家族との写真や書簡、愛用品などを展示し、知られざる生涯を紹介します。
 

≪第44期大寶館展示人物≫


チラシ(裏)

明治以降、各分野で活躍した鶴岡市ゆかりの人物資料を展示しています。

開催概要

【開催期間】令和3年4月1日~令和3年3月29日

【開館時間】9:00~16:30

【入館料】無料

【休館日】毎週水曜日、12月29日~1月3日
(水曜日が祝日の場合は翌日以降の平日)

お問い合わせ先

大寶館~郷土ゆかりの人物資料館~
〒997-0035
山形県鶴岡市馬場町4-7
TEL/FAX 0235-24-3266

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 社会教育課
〒997-0346 山形県鶴岡市上山添字文栄100番地
電話:0235-57-4866
FAX:0235-57-2117

本文ここまで

サブナビゲーションここから

歴史・文化財

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで