このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

給食献立料理教室を開催しました!

更新日:2018年8月13日

鶴岡市学校給食センター主催「おうちで給食メニューをつくってみよう!」

給食センター所長講話
給食センター所長のおはなし

栄養士のお話
栄養士のおはなし

 8月10日に鶴岡市保健福祉センター『にこふる』で、給食献立料理教室「おうちで給食メニューをつくってみよう!」を開催しました。
 市内の小学生親子10組27名が参加し、給食の人気メニュー作りに挑戦しました。
 はじめに、鶴岡市学校給食センター所長が、鶴岡市の給食センターで取り組んでいる地産地消の推進や、食べ物の旬についてお話しをしました。次に栄養士が鶴岡市学校給食センターの設備や作っている給食の数などを紹介しました。
 その後、6班に分かれて調理実習を開始。各班には給食センターの調理員がそれぞれ指導にあたり、班ごとに違うメニューを担当しました。低学年のお子さんの参加も多かったのですが、材料を切ったり、混ぜたり、焼いたりなど、みんなで協力しながらとてもスムーズに実習ができました。

各班で作ったメニューは次のとおりです。
1班 つみれ汁、鶏肉朝鮮焼き
2班 ポテトあんかけ、タンドリーチキン
3班 ほうれん草庄内麩和え、鶏肉朝鮮焼き
4班 大豆と枝豆のちりめんサラダ、タンドリーチキン
5班 ツナサラダ、鶏肉朝鮮焼き
6班 けんちん煮、タンドリーチキン

調理風景
みんなで手分けをして材料を切ります。

調理風景
ジャガイモの量が多く皮をむくのも大変!

調理風景
味を確かめながら、少しずつ調味料を加えました。  つみれ汁完成!

バイキングのように準備
各班が作った料理を、バイキング給食のようにいただきます

盛り付け
きれいに盛り付けできました

約1時間半の調理実習の後は、各班で作った料理をバイキング給食のようにみんなでいただきました。希望献立にも登場する鶏肉朝鮮焼きとタンドリーチキンをメインにお皿に盛りつけ、つや姫のごはんとデザートの県産ゼリーも一緒に食べました。

参加した皆さんからは、「おいしかった」「自分も食べていた給食メニューでなつかしい」「こんなにたくさんの種類の野菜を使っていることに驚いた」「ぜひうちでも作ってみたい」などの感想が寄せられました。

今回作った料理のレシピは「おうちで作ってみませんか?給食レシピ」のページで紹介しています。興味がある方は、ぜひご覧ください。

おうちで作ってみませんか?給食レシピ

お問合わせ

鶴岡市役所 鶴岡市学校給食センター
〒997-0841 山形県鶴岡市白山字西野148番地1
電話:0235-22-0411
FAX:0235-22-0181

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで