このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

「産地パワーアップ事業」について

更新日:2016年12月13日

「産地パワーアップ事業」は、農業の国際競争力の強化を図るため、国の平成27年度補正予算で創設された補助事業です。

この事業は、水田・畑作・野菜・果樹等の産地が、地域の営農戦略として定めた「産地パワーアップ計画」に基づき、意欲のある農業者等が高収益な作物・栽培体系への転換を図るための取組みを支援するものです。

農業者の皆様へ、本事業の具体的な補助対象品目、補助対象機械・資材についてお知らせします。(ただし下記の内容は28年度9月時点の補助内容です)
29年度も本事業は行われる予定ですので、検討資料としてご参照いただきますようお願いします。
なお、29年度の補助対象は若干変更する場合がございます。山形県より正確な情報が入り次第、内容を修正いたします。

ご不明点は、市役所農政課へお問い合わせねがいます。

≪計画と成果目標について≫
 この補助を活用する農業者(取組主体)は自らの「取組主体事業計画」を作成し申請することになります。
 計画では次の3つのうち1つ以上の成果目標を設定し、それを計画期間内に達成する必要があります。
  (1)生産コストの10%以上の削減(水稲・大豆は必須)
  (2)販売額の10%以上の増加(野菜・果樹・花卉は必須)
  (3)契約栽培の割合の10%以上の増加かつ50%以上とすること
 ※成果目標の設定年度は、事業実施の翌々年度(2年後)です。(H28年度実施→H30年度)
 ※取組主体者の成果目標の達成度合いが十分でない場合は、目標が達成されるまでの間、鶴岡市農業振興協議会全体として新規に本事業が実施できなくなるので、確実に達成が見込まれる計画を作成する必要があります。
≪補助率について≫
○機械の導入 …本体価格50万以上でリース導入【本体価格の1/2】
○生産資材の導入 …1取組主体当たり50万以上【購入費の1/2】
≪助成対象・非対象について≫
  ■助成対象となるもの
   ・成果目標に掲げる取組に必要な機械等のリース導入に要する経費(本体価格が50万円以上)
   ・成果目標に掲げる取組に必要な資材の購入に要する経費(パイプハウスのパイプ等。50万円以上)
  ■助成対象とならないもの
   ・農業以外に使用可能な汎用性が高いもの(ショベルローダー、トラック、フォークリフト等)
   ・中古機械のリース、購入選択権付きリース
   ・他に国の補助金を受けた経費
   ・毎年度必要となる資材
   ・施設(パイプハウス等)の建込費用
   ・機械の単純更新  など

産地パワーアップ事業の留意事項、補助対象について記載しています。ダウンロードしてご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。産地パワーアップ事業(要綱・要領等)【平成28年10月11日制定】(出典:農林水産省)

お問合わせ

鶴岡市役所 農政課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-8763

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで