このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

鶴岡市立荘内看護専門学校第48回生入学式 市長挨拶(2021年4月15日)

更新日:2021年4月15日

 伝統ある鶴岡市立荘内看護専門学校において看護を学び、医療への道を進むことを決意された第48回生20名の皆さん、ご入学誠におめでとうございます。
 本日の入学式は、昨年から続く新型コロナウイルス感染症の流行の中で、規模を縮小しての開催となりました。本来であれば、ご家族の皆様、保護者の皆様が同席され、皆様の学びのスタートを見守りたいと願っていたことと存じます。この困難な状況を乗り越え、一日も早く笑顔で一堂に会せる日が来ることを願っています。
 
 今、皆さんの先輩は、新型コロナウイルス感染症の最前線で、日夜奮闘されておられます。丁度本日、荘内病院では高齢者へのコロナワクチン接種が始まります。日常の看護、診療の際にも感染防止に細心の注意を払って、市民の命と健康を守るために懸命に取り組んでおられることに、感謝と敬意の念を抱かずにはおられません。
 看護分野は、技術や機器の進歩の中で、福祉分野との連携など、学びは多岐にわたります。本校は、講師の先生からの講義に加え、荘内病院の医療・看護現場との緊密な連携が図られております。皆様の学びが充実し、看護の技術と知識を着実に身につけ、患者の心に寄り添う看護師となられることを期待いたします。
 
 鶴岡市は、出羽三山と庄内平野、日本海に囲まれた環境の下で、来年には荘内藩酒井家の入部400年の節目を迎えます。ユネスコに認められた食文化や、国立がん研究センター東病院と荘内病院との連携、更には「誰一人取り残さない」SDGs未来都市の推進など、創造と伝統が共存する街です。また、看護人材の一層の確保、学びの充実の観点から、現在、本校の改築に向けた検討も進められているところです。本市の豊かな自然、歴史、文化の下での仲間との出会いを大切に、また、支え合いながら、充実した学校生活となることを願っています。
 
 結びに、本日ご臨席の皆々様には、引き続きの本学、学生の皆さんへのご指導、ご支援をお願い申し上げますとともに、新入生の皆さんが、コロナ禍に負けず、明るく元気にご活躍されますことを心から祈念いたしまして、入学式にあたってのご挨拶といたします。
 
令和3年4月15日
 鶴岡市長 皆川 治

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 総務課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市民の皆様へ

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで