このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

酒井家庄内入部400年記念事業開始式 市長(実行委員長)挨拶(2022年4月14日)

更新日:2022年4月14日

 元和8年の酒井家庄内入部から400年、節目の年の桜の季節を迎えました。本日夕刻には、鶴岡公園の桜のライトアップ点灯式も予定されているところでございます。
 酒井家18代御当主酒井忠久様、令夫人天美様、19代後嗣忠順様、また、実行委員はじめご臨席を賜りました皆様に、厚く御礼申し上げます。
 
 本日の開始式でございますが、致道博物館様の記念特別展、第1部「徳川四天王筆頭、酒井忠次」の会期初日に合わせて、開催させていただきました。また、本日より、庄内地域の博物館、美術館等が連携し、入部400年記念ミュージアムスタンプラリーがスタートいたします。
 本記念事業では、酒井家3代忠勝公が入部された10月に開催される記念式典、大名行列の再現を軸に、5月7日の歴史シンポジウム「酒井家草創」など、多彩な歴史・文化・観光の催しを展開してまいります。
 また、400年の節目を官民挙げて祝う行事が始まっており、今月始めには徳川家康公生誕の地・愛知県岡崎市での観光物産展が開催され、今月23日からは庄内観光物産館において本市の兄弟都市・鹿児島の観光物産展が予定されております。また、明後日16日には、本市出身の歌舞伎役者・中村橋吾さんによる奉納公演が荘内神社において開催されることとなっております。各界、各地域における入部400年を記念した取り組みに心から感謝申し上げます。
 
 入部400年の節目の本記念事業では、郷土への愛着と誇りを高め、庄内地域の歴史・文化を次世代へ継承すること、地域の魅力を更に発信することを推進してまいります。本市におきましても、酒井家御墓所の歴史的価値の調査の推進や、昨年末に出土した馬出遺構の石積の展示、明後日16日にオープンする展示・体験施設を活用したサムライゆかりのシルクの更なる価値の創造など、節目の年の取り組みを積極的に展開してまいります。
 
 結びに、「400年から学ぶ庄内 みんなでつなごう将来」を合言葉に、本記念事業への一層のご支援を重ねてお願い申し上げますとともに、本日ご参集の皆々様のご繁栄、ご多幸を心よりご祈念申し上げまして、実行委員会を代表しての挨拶とさせていただきます。
 
令和4年4月14日
 鶴岡市長 皆川 治

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 総務課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-35-1114
FAX:0235-24-9071

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市民の皆様へ

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで