このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

令和4年鶴岡市成人式 式辞(2022年11月20日)

更新日:2022年11月22日

 本日、令和4年鶴岡市成人式が、衆議院議員加藤鮎子様、鶴岡市議会議長菅原一浩様をはじめ多くのご来賓各位のご臨席の下に挙行できますこと、厚く御礼申し上げます。
 まずもって長らくお待たせした本日の式に参列され、人生の節目を迎えた皆様に心からお祝いを申し上げます。
 感染症の流行に直面して学生生活、社会人生活をスタートさせた皆さんは、本当に大変な時期にこの成人という節目を迎えました。家族と過ごしたくともそれができない、久しぶりに鶴岡に帰ってきたという方もいるのではないでしょうか。今日も仕事などの都合でオンラインで出席されている方もいます。皆様の参加を心より歓迎致します。
 師走が近づくこの時期、庄内平野では雪囲いやタイヤ交換が行われ、冬の準備が進められています。藤島の歴史公園にイルミネーションが灯り、羽黒山の山伏が家々を回る松の勧進が今年も始まりました。
 先日、宝谷のそばを守る取組みが放送されていましたが、越沢や田川から産直あさひグーまで、鶴岡市内のあちらこちらで新そばを味わうことができます。
 鶴岡市は、出羽三山1400年の歴史を誇り、今年は庄内藩酒井家入部400年の節目の年を迎えました。3つの日本遺産、4つの国民保養温泉地、これは全国で最多、住んでいるすぐそばに世界一のクラゲの水族館や温泉、世界に認められた食文化がある街です。
 また、昨年末、大山の工業団地の中に、フットサルで2面、テニスで4面のスポーツ施設・JA鶴岡だだちゃアリーナが整備され、今年の4月には松ヶ岡開墾場の4番蚕室をリノベーションし、ショップを併設したシルクの展示体験施設をオープンしました。さらに今月、鶴岡中央高校のそばのサイエンスパーク内にベンチャー企業などが利用できる貸室を20室増やし合計82室として、資生堂や理化学研究所などに利用していただきます。
 私たちの街は、長い歴史が感じられる街であるとともに、新たな発想で街を若返らせている創造と伝統の街です。この冬、湯殿山には正面ゲレンデに直結するリフトが復活し、王祇祭では黒川能の幽玄の舞が市民に勇気を与えてくれることでしょう。
 昨年度、「つるおかエール奨学金」という若い皆さんを応援する仕組みをつくりました。鶴岡の企業、学校、地域の皆さんは、若い皆さんの力を必要としています。それぞれの地、分野で活躍されている皆さんに心からのエールを送るとともに、皆さんからは引き続き故郷鶴岡のことを応援していただきたい、市民を代表してお願いいたします。
結びに、これまで皆さんを温かく支え、育んでこられたご家族、学校の先生、スポ少や文化活動の指導者の皆様、東北一広い各地域をお守りいただいている皆様に深く敬意を表しますとともに、未来を担う新成人の皆さんのご活躍、ご多幸を心よりご祈念申し上げ、式辞といたします。
 
令和4年11月20日
 鶴岡市長 皆川 治

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 総務課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-35-1114
FAX:0235-24-9071

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市民の皆様へ

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで