このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

消防団員募集

更新日:2016年10月12日

あなたも消防団にはいりませんか?


☆女性団員も募集しています☆


 消防団は、市民の皆さんに最も身近で地域に密着した消防機関として、地域防災において重要な役割を担っています。
 入団することで、仲間づくりやコミュニティーの輪が拡がったり、技術・知識を身につけることができるなど、数え切れない程の魅力があります。
 しかし、近年は様々な事情から団員数の減少が続いており、新たな方の入団が望まれています。是非あなたも消防団員になって『地域の防災リーダー』として地域に貢献してみませんか?
 地域はあなたの力を必要としています。

地域の防災体制について

全国での防災体制は左図の通りで、消防団の占める割合は非常に大きなものです。
鶴岡市の消防機関体制は以下の通りです。
・消防職員数 約220人
・消防団員数 約3200人
消防団は、消防組織法に基づき、各市町村に設置される消防機関です。団員はそれぞれ自分の仕事を持ちながら、地域における消防防災のリーダーとして活動し、住民の安全を守っています。近年は女性の消防団への参加も増加し、特に地域の防災訓練・応急
                                                手当の普及指導や広報活動などにおいて活
                                                躍しています。

消防団員の主な待遇は?

  • 報酬(年額・出動)

   年額:階級によって違いますが、年間20,000円からの報酬があります。
   出動:災害、警戒、訓練の出動により報酬があります。

  • 退職報償金

   5年以上勤務して退団した際に、退職報償金が支給されます。

  • 公務災害補償

   消防団活動中(災害が発生し、家または職場等から出動 ~ 帰宅まで)、
   また訓練時に負傷した場合には、制度により補償されます。

  • 被服の貸与

   消防団活動に必要な被服が貸与されます。
   基本団員:ヘルメット、アポロキャップ、活動服(上下)、消防団ゴム長靴、
   機能別団員:ヘルメット、アポロキャップ、ベスト、消防団ゴム長靴

  • 表彰制度

   職務にあたって功労または功績があった場合には、表彰されます。

消防団のあれこれ!?

    ● 消防署と消防団の違いは?

    消防署は常勤職員(消防職員)が業務に専念するのに対し、
    消防団員は各自の職業に就きながら災害時等に活動します。

    ● 災害時にどんな活動するの?

    消火活動や救助活動をはじめ、風水害の際は、河川の水位の警戒や
    土のう積みなど様々な災害対応を行います。

    ● 訓練はいつ行っているの?

    消防団員は、仕事が休みの日や、仕事の終わった後などに集まって
    訓練等をを行っています。訓練や活動の回数は地域によって様々ですが、
    会社員・自営業・主婦の方でも無理のない範囲で行われています。

女性団員も大募集してます!


心肺蘇生法 普及活動

 現在、女性消防隊は定数27人に対し13人、また音楽隊に4人の団員が活動しています。活動内容は主に各種イベントへの参加、地域への訓練指導、防災の広報事業などがあります。
 全ての事業に参加していただくわけではなく、自分の都合がつく事業に参加していただき地域事業へ貢献しています。
 報酬や待遇については、通常の消防団員と同様になっています。

主な事業について
● 春季消防演習(受付・司会など)
● 天神祭り(パレードへ参加)
● 水防訓練(受付・司会など)
● 各地区操法大会・庄内支部操法大会(受付・司会など)
● 消防フェスティバル
  (消防本部で行う行事:割り当てられたブースを担当)
● 鶴岡市総合防災訓練(受付・司会など)
● 各地域の防災訓練・救急訓練(派遣要請があった場合)

お問合わせ

鶴岡市役所 鶴岡市消防本部
〒997-0857 山形県鶴岡市美咲町36番1号
電話:0235-22-8331
FAX:0235-22-0119

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで