このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

摩耶山登山情報【倉沢口】

更新日:2017年4月3日

摩耶は小粒でピリリと辛い(標高1019.7メートル)


摩耶山


摩耶山登山口入口案内

登山道の手すり・鎖の撤去作業は10月30日(日曜)に終了しました。
今シーズンの摩耶山登山(倉沢口)は終了しました。また、来シーズンお待ちしております。

※手すり・鎖が撤去されている期間の登山は大変危険です。

※摩耶山倉沢口は、急傾斜が連続する非常に危険な山です。登山道に慣れた方との登山をおすすめいたします。
なお、登山の際は余裕のある登山計画を組んでお楽しみください。
※登山届の用紙を下記よりダウンロードできます。記入いただいた登山届は、登山口にあるポストに入れてください。

●登山期間:6月中旬~10月下旬
●倉沢口参考コース・所要時間
 ・登山口まで(JR鶴岡駅~倉沢登山口)バス約1時間、自動車は登山口まで約1時間15分
 ・中道コース
  登山口(80分→←50分)御宝前分岐(90分→←80分)山頂
 ・ソリクラコース
  登山口(80分→←50分)御宝前分岐(90分→←80分)山頂

※バスお問合わせ先:庄内交通朝日営業所(電話0235-53-2012)

越沢と関川の温海地域の二つの集落から入る西側のコースは、滝登りや尾根渡りなどがあり、途中下降することのない上り詰めの道であるが、心地よくひと汗もふた汗もかかせてくれる。
一方、朝日地域倉沢から向かう摩耶山は眼前頭上に岩肌を露にして立つ険しい山塊であり、急登、鎖場、やせ尾根、急降下をたどっていく、実に変化に富んだコースである。標高1,019mの岩峰は、朝日連峰と同様の花崗岩からなった地塁山地である。西側に衝風樹のブナ原生林が見られ、東側は積雪によってえぐられ侵食著しく、谷が底深く落ちている。やせ細った険しい稜線が走り、多くの滝をつくり、一見人をよせつけない程の山相をみせている。
東側(倉沢側)は絶壁となって谷底まで切れ落ち倉沢口からの登山道が這い上がってくる。下山路は本道コースである。山頂を南へ下ると直ぐに摩耶山史跡「六体地蔵」が風雪にさらされて並び、奥の宮神社の小さな祠が建っている。鼻くくり坂を下り、7合目避難小屋を過ぎウガイ清水を進むと、なだらかな道に入って関川コースとの分岐、五合目追分である。


摩耶山登山道


摩耶山


摩耶山登山口

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 朝日庁舎 産業建設課
〒997-0492 山形県鶴岡市下名川字落合1番地
電話:0235-53-2111
FAX:0235-53-2119

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで