このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

食と農の景勝地に「ユネスコ食文化創造都市で体感する食と風土」が認定されました

更新日:2016年11月5日

食と農の景勝地とは

 農林水産省が今年度創設した制度で、多様な地域の食やそれを支える農林水産業、特徴ある景観等の観光資源の魅力を効果的かつ対外的に海外発信し、訪日外国人旅行者を誘客する特に優れた取組みを「食と農の景勝地」として認定する仕組みです。
 今後は、訪日外国人旅行者の観光ルートとして、積極的なPRを行い、本市の地域産業全体の活性化につなげていきます。
 なお今回鶴岡市は、全国5地域の一つに認定されています。

鶴岡市の取組み概要

ビジョン・目標「 ユネスコ食文化創造都市で体感する食と風土」

 「世界から食を楽しみ、学びに訪れたくなるまち」を目指して、日本で唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡という地域全体を一つの博物館と見立て、「鶴岡ガストロノミーフィールドミュージアム構想」を掲げ、様々な地域資源を活用し、食文化をメインテーマとし、豊かな農林水産物や風土を体験する「鶴岡ツーリズム」と「食と風土の祭典」を2つを大きな柱として、国内外からの誘客強化を図ります。
 また、ユネスコ食文化創造都市や国内外の食の教育研究機関との連携を推進し、国際カンファレンス、食のフィールドスタディツアー等を開催し、学術的な研究者も訪れる食文化の学びの場を創出し、定期的に外国人が鶴岡へ訪れる機会を創出します。

出羽三山精進料理

五重塔と羽黒山伏の秋の峰入り

焼畑の赤カブ

黒川能

漁船クルーズ

だだちゃ豆収穫体験

誘客のターゲットとする地域

誘客ターゲットとしては、日本の歴史・文化へ関心が高く、知的探究心が旺盛な欧米豪のうち、次の5カ国を対象とします。
●フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ、オーストラリア

鶴岡市の取組計画書(5か年)

鶴岡市の取組み計画については、下記をご覧ください。

食と農の景勝地の全体的な取組み

食と農の景勝地の全体の取組みや認定地域の内容については、農林水産省ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。農林水産省・食と農の景勝地ホームページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 食文化創造都市推進課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで