• home
  • お問い合わせ

〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町4-6 TEL:0235-29-1880 FAX:0235-29-2997
入館時間:9:00〜16:30 休館日:水曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始

鶴岡市立藤沢周平記念館

開館カレンダー

Calendar Loading

は休館日です。
(毎週水曜日は休館日です。祝日の場合は翌平日を休館します。)

《休館日が変わりました》
2013年4月から休館日を水曜日に変更しました。
月曜日は開館しています。
旧致道館と大宝館の休館日も同様に変更となりました。

お知らせ&トピックス

2020年6月5日
  • ご来館の皆様へお願い(新型コロナウイルス感染症対策について)
当館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を実施しております。
ご来館に際しましては、以下についてご留意いただきますようお願い申し上げます。

・マスク着用と手指のアルコール消毒をお願いいたします。
・発熱や風邪の症状等がある方は来館をご遠慮ください。
・来館者に感染が確認された場合の連絡を目的に、ご連絡先のご記入をお願いしております。
・同時に30名を限度として入場制限を行いますので、入場までお待ちいただく場合がございます。

何卒、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
※今後、本市の感染状況の変化や、国・県の方針等により変更となる場合がございます。
2021年7月16日
  • 臨時開館のお知らせ
毎週水曜日は休館日ですが、8月11日は開館します。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。
2021年6月26日
  • 藤沢周平原作ドラマ上映会のお知らせ
時代劇専門チャンネル制作の映像作品をご覧いただける、藤沢周平原作ドラマ上映会を開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。
イベントのご案内ページ
2021年6月22日
  • 藤沢周平関連記事掲載のお知らせ
「オール讀物」7月号(6月22日発売)に、「藤沢周平と『蟬しぐれ』」と題して、現在開催中の企画展〈『蟬しぐれ』の魅力〉に関連する記事が掲載されていますのでご紹介いたします。
2021年6月14日
  • 藤沢周平記念館講座のお知らせ
藤沢周平記念館講座〈文学散歩 海坂藩の面影を訪ねる〉を開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。
イベントのご案内ページ
2021年4月15日
  • NHK 土曜時代ドラマ「立花登青春手控え3」のお知らせ
2021年4月17日(土)からNHK 土曜時代ドラマ「立花登青春手控え3」が放送開始します。
NHK総合 毎週土曜 午後6時5分から
詳しくはこちらをご覧ください。
「立花登青春手控え3」公式サイト(外部サイトになります)
2021年4月15日
  • 鶴岡城下町めぐり共通券 販売利用開始のお知らせ
当館をはじめ、鶴岡公園周辺の見どころ施設をお得に見学できる共通券の取扱いを始めました。
詳しくはこちらをご覧ください。
来館のご案内ページ
2021年3月26日
  • 開館10周年特別企画展〈『蟬しぐれ』の魅力 〉開催のお知らせ
3月26日(金)から開館10周年特別企画展〈『蟬しぐれ』の魅力 〉を開催します。
また、企画展に関連し、館内廊下ではミニギャラリー〈『蟬しぐれ』の情景〉を展示します。 詳しくはこちらをご覧ください。
企画展示、特別展示ページ
2021年2月26日
  • 第6回作品題名書道展のお知らせ
3月6日(土)から館内廊下ミニギャラリーにて、山形県立鶴岡中央高等学校書道部の皆様による、藤沢作品の題名書道展を開催します。
※作品題名書道展は3月23日で終了しました。山形県立鶴岡中央高等学校書道部の皆様、関係の皆様に心から感謝申し上げます。
2021年1月26日
  • 藤沢周平関連記事掲載のお知らせ
「小説現代」2021年2月号(1月22日発売)に、遠藤展子氏(藤沢周平ご息女)と砂原浩太朗氏(作家・当館発行図録の校正者)の対談記事が掲載されていますのでご紹介いたします。
2020年12月21日
  • 「販売物」ページ開設のお知らせ
記念館で発行した販売物一覧を掲載したページを新たに開設しました。
詳しくはこちらをご覧ください。
販売物ページ
2020年9月3日
  • 『藤沢周平 遺された手帳』刊行のお知らせ
9月2日に、遠藤展子著『藤沢周平 遺された手帳』が文春文庫より刊行されました。
お求めはお近くの書店などでどうぞ。
詳しくはこちらをご覧ください。
「文藝春秋BOOKS」公式サイト(外部サイトになります)
2020年6月23日
  • 時代劇専門チャンネル「闇の歯車」国際TVアワード ノミネートのお知らせ
時代劇専門チャンネルのオリジナル時代劇「闇の歯車」(原作:藤沢周平、講談社文庫/文春文庫)が、歴史ある国際TVアワードにノミネートされました。

●NEW YORK FESTIVALS WORLD’S BEST TV & FILMS(2020)
【Entertainment Special TV Movie部門】
海外でも有数の格式と権威のあるアワードで、50ヶ国以上から応募があり、各国の大手TV局が出品するなか最終審査作品にノミネート
※2017年の当アワードでは、Drama Special部門で藤沢周平新ドラマシリーズ「果し合い」(時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹、新潮文庫『時雨のあと』所収)がGold World Medal(金賞)を受賞しています。

●BANFF WORLD MEDIA FESTIVAL ROCKIE AWARDS INTERNATIONAL PROGRAM COMPETITION(2020)【Television Movie部門】
世界4大テレビ祭のひとつに称されているメディアフェスティバルで、世界各国から出品されるなか、同部門では日本の作品で唯一最終審査作品にノミネート

詳しくはこちらをご覧ください。
「時代劇専門チャンネル」公式サイト(外部サイトになります)
「闇の歯車」公式Twitter(外部サイトになります)
2019年3月9日
  • 「風の果て」「蟬しぐれ」「海鳴り」映像化のお知らせ
時代劇専門チャンネルを運営する日本映画放送株式会社が、 より多くの魅力ある映像作品を企画開発するため「日本映画企画開発合同会社」を設立しました。
同社では、藤沢周平作品「風の果て」「蟬しぐれ」「海鳴り」の3作品の映像化権を取得しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
「日本映画放送」公式サイト「日本映画企画開発合同会社 設立にあたり」(外部サイトになります)


ページトップへ