このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

心肺蘇生とAED使用の手順

更新日:2016年11月18日

自分の大切な家族、友人、そして隣人が突然倒れたとき、その命を守り救うために

  1. 安全を確認する

誰かが倒れるところを目撃したり、倒れているところを発見した場合は、近寄る前に周囲の安全を確認します。

肩をたたきながら声をかける
2.肩をたたきながら声をかける

大声で応援をよぶ
3.大声で応援を呼ぶ

119通報とエーイーディーを手配する
4.119通報とAED手配を依頼する

胸とお腹の上がり下がりをみる
5.普段通りの呼吸があるかみる

胸と腹部の動き(上がり下がり)を見て、「普段どおりの呼吸」をしているか10秒以内で確認します。
胸と腹部の動きがない、しゃくりあげるような途切れとぎれ途切れの呼吸(死戦期しせんき呼吸)、よくわからない場合や迷ったときは「普段どおりの呼吸なし」と判断します。

胸骨圧迫を30回おこなう
6.胸骨圧迫30回

「普段どおりの呼吸」がなかったら、危害を恐れることなく、すぐに胸の真ん中にの付け根を置き両手で垂直に押します。

  • 強く・・・約5センチメートル沈み込むように
  • 早く・・・1分間に100から120回のテンポで
  • 絶え間なく・・・中断時間はできるだけ短く

あご先をあげて空気の通り道をつくる
7.あご先を持ち上げて空気の通り道をつくる

頭を後ろにそらせてあごをあげて気道を確保します。

口対口で人工呼吸を2回ふきこむ
8.人工呼吸2回

胸の上りが見える程度の空気を、1回1秒かけて2回吹き込みます。
この後は、「胸骨圧迫きょうこつあっぱく30回と人工呼吸2回」をAEDが到着するまでまたは、救急隊員と交代するまで絶え間なく続けます。

※人工呼吸ができない、感染防護具がなくためらわれる場合は、人工呼吸を省略して胸骨圧迫きょうこつあっぱくのみを続けます。

心肺蘇生法を続けながらエーイーディーを準備する
9.AEDが到着したら

AEDが到着したら、心肺蘇生を続けながらAEDを使う準備を行います。

  1. AEDを傷病者の近くに置きます。
  2. AEDの電源を入れます。(機種によっては、ふたを開けると自動的に電源が入るタイプもあります。以降は、音声メッセージとランプに従って操作します。)
  3. 傷病者の胸に電極パッドを貼ります。

エーイーディーのパッドをイラストのとおり貼る
10.電極パッドを貼り付ける

電極パッドを貼る位置は、電極パッドに書かれたイラストのとおり、肌にしっかりと密着させます。
機種によっては、ケーブル(プラグ)をAED本体に差し込む必要があります。
(この間も胸骨圧迫はできるだけ続けます。)

エーイーディーが自動で解析します。指示にしたがう
11.心電図の解析と電気ショック

「体から離れてください」の音声メッセージとともに、AEDは心電図を自動で解析します。
(誰も傷病者に触れていないことを確認して下さい。)

  • 「ショックが必要です」の場合、ショックボタンを押す→胸骨圧迫から再開する
  • 「ショックは不要です」の場合、胸骨圧迫から再開する

AEDはその後も2分おきに自動的に心電図の解析を行いますので、メッセージに従い心肺蘇生とAEDの手順を救急隊員が到着するまで繰り返します。
協力者がいる場合、1から2分を目安に胸骨圧迫を交代するのがよいでしょう。

※AEDの電極パッドは、救急隊員が到着するまではがさず、電源も入れたままにしておきます。

心肺蘇生は、いつまで続けるか?

  • 救急隊が到着し、引き継ぐまで。
  • 倒れた人が目を開けたり、声を出したり、体を動かしたり、普段どおりの呼吸が出現するまで。

※心肺蘇生をいったん中止しても、傷病者を慎重に観察しながら救急隊の到着を待ちます。

心肺停止の傷病者が社会復帰するには、バイスタンダー(その場に居合わせた人)が、迅速に心肺停止を認識し、119番通報し、心肺蘇生を行うことが不可欠です。
緊急の事態に遭遇した時には、「的確」な行動ができるように応急手当を身につけましょう。

「救急車が来るまでに」あなたの大切な人を守りましょう。 (新しいウィンドウで開きます)

つなげよう救命の連鎖
つなげよう救命の連鎖

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 鶴岡市消防本部
〒997-0857 山形県鶴岡市美咲町36番1号
電話:0235-22-8331
FAX:0235-22-0119

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで