このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

鶴岡雛物語の開催について

更新日:2021年2月18日

有職雛(酒井家所蔵) 写真提供 致道博物館

山形県鶴岡市は、徳川四天王の筆頭 酒井公が統治した城下町。
 江戸時代、参勤交代で江戸から、西廻り航路によって京の都から運ばれた雛人形や雛道具が、幾度かの時代の大きな移り変わりの中、庄内藩主酒井家をはじめ旧家によって代々大切に受け継がれてきました。
 また、お雛様には、子供の成長を願うとともに、災いを払い除き、お守りとしての役割があるといわれます。
  鶴岡雛物語では、健やかな春の訪れを願って、市内各所でお雛様を飾ります。
 各施設の新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただき、享保雛、有職雛、古今雛、芥子雛など、日本を代表する雛人形研究家をも虜にした秘蔵の雛たちが奏でる雅の世界をご堪能ください。

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、規模を縮小して開催いたします。
※例年実施している下記イベントは、今年度は実施いたしません。
 ・お雛菓子作り体験
 ・へんしん!かわいいおひなさま
 ・ひなまつり顔出し看板
 ・鶴岡商店街 つるおか雛巡り(スタンプラリー含む)
楽しみにして頂いた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

~致道博物館『御隠殿』~

 特注の有職雛や小さな愛らしい芥子雛、職人技が冴える美しい細工が施された雛道具など、庄内藩主酒井家ゆかりの大名雛や御道具を展示しています。
 水戸光圀の孫娘にあたる細川家の息女 密姫が、酒井家六代忠真公にお輿入れになった際にお持ちになった御道具や名工・原舟月の雛など愛好家垂涎の品々が並びます。
1863(文久3)年に藩主の隠居所として建てられた「御隠殿」を会場に、大名家の優雅なひな祭りのひとときをお過ごしください。
 日時 3月1日(月曜)~4月4日(日曜)
 午前9時30分 ~ 午後4時30分(最終入館)
 料金 大人800円
 場所 山形県鶴岡市家中新町10-18
 電話 0235-22-1199
 交通 JR鶴岡駅より
 湯野浜温泉方面行きバス10分、
 致道博物館前下車すぐ
 山形道鶴岡ICより車10分
 ※駐車場有り

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。致道博物館

有職雛(酒井家所蔵)

~旧風間家『丙申堂』~

国指定重要文化財「丙申堂」は、庄内藩の御用商人で、幕末には鶴岡第一の豪商となった風間家の旧宅です。
上座敷に飾られたお雛様を下座敷からゆっくりご覧下さい。
9代当主の姉に大正末購入された2代目永徳斎作の雛飾り、同当主の母の芥子雛、お雛様研究家安部英子氏のコレクション等を展覧します。
日時 3月13日(土曜)~4月4日(日曜)
午前9時30分 ~ 午後4時(最終入館)
※期間中無休
料金 大人400円
場所 山形県鶴岡市馬場町1-17
電話 0235-22-0015
交通 JR鶴岡駅より
湯野浜温泉方面バス5分。
銀座通り下車徒歩3分
山形道鶴岡ICより車15分
※駐車場有り

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。丙申堂

丙申堂のお雛様

~奥湯野浜温泉龍の湯『蔵ギャラリー氷室』~

海岸から少し山手に入った蔵造りの一軒宿。
蔵ギャラリー「氷室」は、昭和初期に造り酒屋の土蔵を移築し、平成5年に展示館として改装されました。
先代女将の実家から受け継がれてきた古今雛、人と人との縁(えにし)を感じられる享保雛などを展示しています。
今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、展示数を縮小しての開催となります。
ご宿泊や日帰りプラン、ランチ・ご入浴などと合わせて、是非ご覧ください。
日時 3月1日(月曜)~3月30日(火曜)
午前9時00分 ~ 午後4時00分
料金 無料
場所 山形県鶴岡市湯野浜2-4-47
電話 0235-75-2241
交通 JR鶴岡駅より
善宝寺(加茂)経由湯野浜温泉行
バス終点「湯野浜温泉」下車。
徒歩5分
山形道庄内空港ICより車10分
※駐車場有り

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。龍野湯

龍の湯のお雛様

~荘内神社『宝物殿』~

鶴ヶ岡城址に鎮座する荘内神社。
鶴岡市内旧家に伝わる江戸時代から昭和初期までの享保雛や古今雛など数百体のお雛様と雛道具を展示しています。
鶴岡ならではの「ちょんびなさま」をあしらった城下町の雅な雛祭りを再現した豪華な8段飾りが圧巻。
神職・巫女のわかりやすい解説と温かい甘酒の接待が好評。地元の雛菓子や雛グッズの販売も。
「宝物殿」は平成9年に御鎮座120年を記念して開館。
ひな展は、昭和62年から開催しています。
3月1日(日曜)には桃の節句祭特別御朱印が頒布されます。
詳細は、ホームページをご覧ください。
日時 2月23日(祝日)~3月28日(日曜)
午前9時00分 ~ 午後4時30分(最終入館)
※期間中無休
料金 無料
場所 山形県鶴岡市馬場町4-1
電話 0235-22-8100
交通 JR鶴岡駅より
湯野浜温泉方面行きバス10分、
市役所前下車徒歩2分
山形道鶴岡ICより車10分
※駐車場有り

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。荘内神社

荘内神社のお雛様

~湯野浜温泉街~

湯野浜温泉は、日本海に面した海辺の温泉郷です。
特に日本海に沈む夕日は息をのむほど美しい光景が広がります。
湯野浜温泉の開湯は千年ほど前の天保年間にさかのぼります…。
付近の漁夫が海辺で傷をいやして温浴している亀を見て発見されたと伝えられています。
湯のまちをそぞろ歩きながら、それぞれの伝統的なお雛さま見学が可能です。
温泉とともに、お楽しみください。
日時 見学できる日時は施設により異なりますので、
詳細は下記までお問い合わせ下さい。
料金 見学無料 (「龍の湯」を除く)
場所 山形県鶴岡市湯野浜地内
電話 0235-75-2258
交通 JR鶴岡駅より
湯野浜温泉行バス40分

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。湯野浜温泉観光協会

湯野浜温泉のお雛様

『つるおか姫様プロジェクト』

令和4年度に迎える酒井家入部400年を記念して『つるおか姫様プロジェクト』を実施いたします。

致道博物館、龍の湯蔵ギャラリー氷室、丙申堂、荘内神社宝物殿へ入場後、希望される方へ、先着順で姫様缶バッチを進呈いたします。

上記施設では、姫様缶バッチをつけている方を、「お姫様」とお呼びします。
是非ご参加いただき、お姫様気分をお楽しみください。
※「お姫様」と呼んでもらえる期間は各施設のお雛様展示期間までとなります。
※姫様缶バッチの配布は、なくなり次第終了となります。
※性別に関わらず、お姫様とお呼びします。

姫様缶バッチデザイン

鶴岡雛物語パンフレット ※パンフレットに掲載されている「鶴岡商店街 つるおか雛巡り」(スタンプラリー含む)は中止となりましたので、ご注意ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 観光物産課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-7111

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで