このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

鶴岡冬まつり今年も開催します!

更新日:2019年11月29日

雪の鶴岡での思い出からメロディーを発想したという名曲「雪の降る街を」にちなんだ「鶴岡音楽祭」をはじめ、冬の庄内浜きっての郷土料理 寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」、寒仕込みのしぼりたての新酒が味わえる「大山新酒・酒蔵まつり」や、幻想的な景観を楽しめる「金峯山雪灯籠祭り」、合唱のまち鶴岡の澄み渡るハーモニー「鶴岡市合唱祭」などバラエティに富んだ数々のイベントを開催!
寒いからといって、家にこもっている場合ではありませんよ!
すべてのイベントに参加して、思う存分鶴岡の冬を楽みましょう!

~大宝館、致道博物館のライトアップ~

鶴岡市のシンボル的な文化施設、『大宝館』や致道博物館の『旧西田川郡役所』、『旧鶴岡警察署庁舎』をライトアップ!!
日中でも見ごたえがある各施設。
ライトアップにより浮かび上がる美しいその姿は、鶴岡の夜に彩を加えてくれます。
きれいに雪がつもればさらに幻想的に!?
これからの冬がさらに楽しみになりますね。

日時:開催中! ~ 2020年 2月29日(土曜)
会場:旧西田川郡役所・旧鶴岡警察署庁舎(致道博物館)、大宝館(10/17~)
点灯時間:16:30~22:00
※両施設とも12月31日~1月1日はオールナイト(~翌7:00) ※時間は予定です。

冬まつりライトアップ

~日本海寒鱈まつり~

厳寒の日本海の荒波でもまれ脂ののった寒だらをぶつ切りにし、みそ仕立てで丸ごと鍋にして味わう「寒鱈汁」(どんがら汁)は、鶴岡を代表する野趣あふれる冬の味覚。

この寒鱈汁を思う存分味わってもらおうというイベントが『日本海寒鱈まつり』です。

鶴岡銀座通りを会場に、毎年約2万人のお客様を迎えて開催しています。たくさんのお店が寒鱈汁を準備するので、食べ比べも楽しみの一つです。

また、鶴岡の特産品や冬の味覚も販売され、さらには、太鼓の演奏や歌、音楽などのステージイベントや新潟・秋田・北茨城などの観光物産展も開催されるなど、食べて満足、見どころたくさんのイベントです。
寒い冬を乗り越えるには、まずは脂ののった寒鱈食べて、栄養をつけましょう!!

日時:2020年1月19日(日曜) 10:30~15:00 ※時間は予定
会場:鶴岡銀座商店街 特設会場
内容:鱈汁出店、日本海荒波太鼓などの各種イベント、おきつねはんまつり
問合せ:鶴岡銀座商店街 TEL 0235-22-2202

日本海寒鱈まつり

~鶴岡音楽祭2020~

日本中の人々に愛唱されている名曲「雪の降る街を」は、作曲家 中田 喜直氏が鶴岡の雪景色や旅の思いをメロディにしたものといわれています。
それにちなんで、鶴岡市は本物の音楽を楽しめるまちとして、『鶴岡音楽祭』を開催しており、今年で35回目の開催となりました。
山形交響楽団による重厚なオーケストラ、新進気鋭のバリトン歌手や地元合唱団体とのハーモニーをお楽しみいただけます。
荘銀タクト鶴岡で、本物の音楽に聞き惚れてみませんか!?
日時:2020年1月26日(日曜)開場13:30/開演14:00 ※時間は予定
会場:荘銀タクト鶴岡
入場料:大人2,000円 高校生以下1,000円
問合せ:鶴岡市観光物産課 0235-25-2111

鶴岡音楽祭

~大山新酒・酒蔵祭り~

鶴岡市街から車で15分。良質の米と水に恵まれた鶴岡市『大山』地区は古い歴史をもつ酒造りの街です。

江戸時代には幕府の天領地として栄え、現在も4軒の酒蔵(冨士酒造/加藤嘉八郎酒造/渡會本店/羽根田酒造)が名酒を造り続けています。

この酒造りのまち『大山』で、4酒蔵を巡りながら心ゆくまで新酒・名酒を試飲でできる「酒蔵めぐり」や、旬の郷土料理を肴に新酒を味わう「大山新酒を楽しむ会」、4酒蔵の大吟醸クラスの銘酒を味わえる「大山四蔵元厳選八種飲み比べ」も開催!

大山の酒に惚れた愛酒家が集う人気のイベントです。

※前売り券は例年早くに売り切れますので、お早目の購入をお勧めいたします。
日時:2020年 2月8日(土曜)
会場:各酒蔵、大山コミュニティセンターほか
内容:酒蔵めぐり、大山新酒を楽しむ会、大山四蔵元厳選八種飲み比べなど
問合せ:新酒、酒蔵まつり実行委員会(出羽商工会本所内)TEL:0235-33-2117」
前売券の購入方法等、詳細は大山新酒・酒蔵まつり公式HPをご覧ください!

今年は第25回開催を記念し、酒蔵めぐりや大山新酒を楽しむ会のチケットを購入いただいた方には、特製の缶バッチが進呈されます!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大山新酒・酒蔵まつり公式HP

大山新酒・酒蔵まつり

~鶴岡市合唱祭~

合唱のまち鶴岡が誇る合唱団体による澄み渡るハーモニーが、鶴岡の冬にぬくもりを与えます。
今年は12団体が歌声を響き渡らせます。
美しい歌声が、あなたの心に火をつけるかも!?
日時:2020年 2月23日(日曜)開場13:30/開演14:00 ※時間は予定
会場:荘銀タクト鶴岡
入場料:300円
問合せ:鶴岡市教育委員会 社会教育課 0235-25-0779

鶴岡市合唱祭

~金峯山雪灯篭祭~

鶴岡冬まつりの最後を締めくくるのは、『金峯山雪灯篭』

このお祭りは、伝統ある金峯山の山開きに合わせて行われます。雪の参道を多くの男女が手を取り合いながら登り、結ばれたことから、またの名を「えんむすび祭り」といわれています。

ライトアップされ夜空に向かい天高く浮かび上がる大黒様の雪像や、参道に並ぶ大人ほどの背丈の雪灯篭が、神秘的で幽玄な雰囲気を醸し出します。

願い事をこめて明かりを灯せば、よいご縁が舞い込んだり、願い事が叶うかもしれませんよ。

会場ではおもちやあたたかい甘酒なども用意しております。

日時:2020年 2月27日(木曜) 18:00から ※時間は予定
会場:金峯山中の宮
内容:雪灯篭点火式、伝統芸能上演
参加料:500円(小学生以下無料)
問合せ:金峯神社 TEL:0235-23-7863

当日、金峯山のふもとにある黄金コミセン駐車場より、会場の中の宮まで「シャトルバス」を運行します。祭り参加者はシャトルバスをご利用ください。運行時間/午後5時~午後9時30分(予定)

混雑・事故回避のため、午後4時30分より午後10時頃まで、一般車輌は通行止めとなります。係員の指示に従ってくださいね。

金峯山雪灯篭祭

お問合わせ

鶴岡市役所 観光物産課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-7111

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで