このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

ストーブによる火災に注意!

更新日:2022年11月18日

ストーブを使用する際は、定期的な点検・メンテナンスを行い、安全に使用しましょう。

火災を予防するポイント

ストーブの周囲は整理整頓
・カーテンや布団など、燃えやすいものの近くで使用しない。
・ストーブの周囲で洗濯物を乾燥させない。
・ストーブの周りは整頓しましょう。

給油の際はストーブの火が完全に消えてから
・火が消えてすぐのストーブは、まだ温度が高いため、燃料がこぼれると火災になる恐れがあります。
・灯油であることを確認してから給油する。ガソリンを誤って給油すると大変危険です。
・燃料キャップの閉め忘れや、締め付け不良がないが確認しましょう。

こまめな消火を心がけましょう
・部屋に誰もいなくなる時は必ずストーブを消火する。
・ストーブをつけたまま就寝しない。

古い型式の石油ストーブを使用していませんか?
・古い型式のストーブには、自動消火装置がついていないものや、給油キャップの締め付けが確認しにくいものがあるので、使用する際は気を付けましょう。
・使用中のストーブがリコールの対象になっていないか確認しましょう。

薪ストーブ・ペレットストーブの火災を予防するポイント

ストーブ本体や煙突を正しく設置すること
・薪ストーブ・ペレットストーブやその煙突を設置する際は、可燃物から一定の距離をとるなど、火災予防条例の基準に従って設置する必要があります。

低温着火を防止する
・低温着火とは、ストーブ本体や煙突の熱が周囲の木材を長期間加熱し、炭化することで低温で発火する現象です。壁の内部や屋根裏など見えないところで進行し、突然火災に至ります。ストーブ本体や煙突から離隔距離が必要です。設置状況を確認しましょう。

煙道火災を予防する
・湿った薪を燃やすとすすやタールが溜まりやすくなります。煙突内にタールが溜まると、煙突内で火災が発生することがあります。予防には定期的なメンテナンスが大切です。

メンテナンスを忘れずに
・安全・快適に使うためにはメンテナンスが必要です。ストーブの取扱説明書を確認し、適切なメンテナンスを行いましょう。不明な点はストーブの設置業者や販売店に相談してください。

石油ストーブ注意喚起チラシのダウンロードはこちらから

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

メールでの回答が必要な場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。

鶴岡市役所 鶴岡市消防本部
〒997-0857 山形県鶴岡市美咲町36番1号
電話:0235-22-8331
FAX:0235-22-0119

本文ここまで



ページの先頭へ
以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで